メニュー

採用情報看護部より

  1. トップ>
  2. 採用情報>
  3. 看護部より

看護部のご紹介

当院は、急性期病棟・回復期病棟・療養病棟と、複数の機能を持った病棟からなる「ケアミックス病院」として、地域の医療に貢献するために、日々努力しています。

  1. 患者さん、ご家族に安全かつ安心できる看護サービスを提供します
  2. 根拠に基づいた知識・技能・態度の習得に努めます
  3. 院内他部門、および地域の医療、福祉機関との連携を深め、継続的な看護、介護を提供します
  4. 看護業務の効率化と経済性を考え、業務改善に努めます

上記を看護部門の目標として掲げ、医師や他職種と協働し、チームの一員として患者さんやご家族にとって最善の医療・看護の提供を目指しています。

スタッフは年齢層も幅広く、キャリアも様々ですが、互いに協力しあいながら日々業務に努めています。

病棟紹介

1階 外来(救急外来・2次救急)

当院の外来は、整形外科、内科、小児科と多岐にわたり診療を行っています。その他、泌尿器科、皮膚科、スポーツ科の専門医による診療も行っています。特に骨粗鬆症の予防や治療に対し病院全体で力を入れていて、理解を高めていただくとともに、自己注射の指導や内服の継続ができるように援助を行っています。そのために勉強会など積極的に参加をして知識を高め、日々の業務に役立てています。

2階 一般病棟(急性期)

整形外科、内科疾患を中心とする一般病棟(急性期)で、整形外科では周手術期からリハビリ期に対応しています。入退院が多い病棟ですが、医師や多職種と協働しチームとして、患者さんにとって最善の医療、看護の提供を目指しています。

患者さんの個別性を重視し、ADLに合わせて自立を促し、患者さん自身が不安になることなく、退院後の生活をイメージできるような援助を実施しています。

年齢や経験年数に関係なく意見交換が活発な、和気あいあいとした明るい病棟で、有休消化率も高く、勤務希望も通りやすいので、しっかりリフレッシュできます。

3階 回復期リハビリ病棟

回復期リハビリテーション病棟では、脳血管疾患や大腿骨骨折・脊椎の手術など、外科的処置や点滴などの急性期治療が終了した患者さんが集中的にリハビリテーションに取り組む病棟です。

日常生活動作の能力の向上と意欲向上を兼ねて転倒防止体操、春は花見、夏は七夕、夏祭りの傘踊り、冬はクリスマス会、月1度の貼り絵作りなどのレクリエーションを行っています。

各専門スタッフが共同し、退院後の生活を見据えたカンファレンスなどを行い、できるだけ早期に安心して、住み慣れた地域へ退院できるよう支援を行っています。

4階 療養型病棟

4階病棟は医療型療養病棟です。急性期治療を終了された患者さんが多く、IVH管理・経管栄養・気管切開及び吸引が必要な方が大半を占めています。そのほとんどの方が寝たきりの為、口腔ケアに重点を置き、肺炎予防を目標にスタッフ一同で取り組んでおり、口腔内清潔・口臭予防にもつながっています。

スタッフは色々経験している方が多く、仕事以外のこともたくさん教えてもらえます。みんな仲が良く、楽しいことが大好きで毎日笑顔の絶えない明るい職場です。

手術室

当院では週2日の手術日を設け、整形外科の手術を年間平均150~60件程度行っています。日帰り手術の腫瘍摘出や腱鞘切開、指骨骨折骨接合から、骨接合や関節鏡、人工骨頭置換術、人工関節全置換術など幅広く対応し、最近では専門医を外部から呼んで、腰椎圧迫骨折のバルーン椎体形成術(BKP)も行っています。
手術室看護師として、情報収集や術前訪問を行い、円滑及び安全な手術が行えるように、チーム医療を実践しています。
また、中央材料室の業務も兼任しており、滅菌業務や病棟の資材管理など効率化を考慮して、より良い資材を提供できるように取り組んでいます。

先輩看護師の声

外来 復帰1年目看護師

ブランクから現場復帰へ

私は以前に勤めていた急性期病院で婦人科・乳腺外科を担当していました。そして出産・育児のため退職し3年間のブランクの後、当院に入職して看護の現場に復帰しました。
当院では外来の担当となり、婦人科・乳腺外科の病棟とは「看護師として求められる能力」が異なるため慣れないうちは不安もありました。
しかし、当院のスタッフは「分からないことは遠慮せずに聞いて」といつでも話しかけやすい雰囲気を作ってくれたため、気後れせずに質問できてとても助けられました。そのため自然と不安も解消されたうえスタッフの輪の中に入ることもでき、スムーズに現場に復帰することができました。

入職を決めた理由

小さな子供が2人いるため院内託児所の存在が入職の一番の決め手でした。
母である私と離れなくてはいけないため、初めは「ママと一緒がいい!」と2人共泣いていましたが、先生方が優しく声をかけてくれたり子供たちが託児所に楽しんで行けるようなイベントをしたりしてくれるので、次第に喜んで通うようになりました。
今では子供たちも楽しそうに託児所での出来事を話してくれますので、安心して仕事に集中することが出来ています。

信頼と成長

周りのスタッフが私以上に私の事を信頼してくれるので、自信を持って業務にあたれるようになりました。
救急の担当を任された時、正直「私にはまだ早いのではないか」と思ったのですが、上司から「任せても大丈夫なレベルまで、あなたが成長したから任すのよ」と言われ、信頼されていることを感じとても嬉しくなりました。
任されたと言っても、困った時にはすかさず仲間がフォローしてくれるので、私は安心してチャレンジできるうえ自身の成長を実感できています。

外来 新卒3年目看護師

転職を決断したキッカケ

看護学校を卒業して初めて就職した病院では、質問しにくいギクシャクした職場環境に不安を感じていました。当時はその病院しか知らなかったため「看護の職場はこういうものなのかもしれない」とも考え、中々転職に踏み切れずにいました。
そんな中、信頼できる先輩や他院で働く看護師の友人に相談したところ「せっかく看護師になったのだからやりたい看護が出来る病院を見つけないともったいない!」という言葉に背中を押され、前の病院をわずか2週間で退職し思い切って転職を決断しました。

当院を選んだ理由

私は以前の病院での就業期間が短かったため、当院の「新卒応募可」の求人情報を見て「経験に自信がなくても受け入れてもらえるかもしれない」と興味を持ち入職を決めました。
当院の職場環境はいつ誰にでも質問できる雰囲気のため、疑問に思ったことをすぐに解消できるうえ、いつも頼れる人がいる安心の中で業務にあたることが出来ました。また隣で先輩が見てくださっている状態ですぐに実践させてくれるため、看護技術もスムーズに身についたと思います。
入職当時は右も左も分からない状態でしたが、先輩方のフォローのおかげで「この病院で“看護師”になれた!」と実感しています。

今後の目標

まずは外来の仕事をマスターしたいです。
当直のアルバイトで当院にみえる医師に様々な質問を受けても「聖和病院ではこのようにしていますよ」と最近ではすぐに答えられるようになり自分自身の成長を実感しています。
周りのスタッフも私を頼ってくれることが増え、信頼してもらえることの喜びを感じています。人に頼られるのが苦手な人もいるかもしれませんが、私は頼られるとやる気が湧いてくるタイプのようです。この喜びをこれからも感じられるように、もっと勉強してレベルアップしたいと思います。
そして私が先輩方にしていただいたように、これから当院に入職される方々を私がフォローできるようになりたいです。

ページの先頭に戻る