メニュー

採用情報リハビリテーション新人教育

  1. トップ>
  2. 採用情報>
  3. リハビリテーション新人教育

教育目標(理想とする療法士像)

近年、社会に求められている療法士像を明確にした上で療法士が有するべき能力を明示し、その能力を獲得、実現する教育を行う事が重要とされています(アウトカム基盤型教育)。当院では理想とする療法士像を下記のように定義し、各々の自己研鑽を期待します。

  1. 急性期から生活期、予防期の理学療法・作業療法・言語聴覚療法を経験し、その多様性と共通点を理解し社会に貢献できる柔軟な発想をもって療法士
  2. 症例経験を通じて、社会に求められる知識及び臨床スキル(療法士技術、社会スキル、臨床推論力)を身につけた療法士
  3. 診療チームの中での理学療法・作業療法・言語聴覚療法の位置付けを理解し、他職種と協働できる療法士
  4. 医療職として有すべき倫理観、態度、自己管理能力を身につけた療法士

新人教育の実践

プリセプター制度を採用し、新人療法士に対して、経験ある先輩療法士が一緒にマンツーマンで仕事に取組み、ある一定期間、意図的、計画的、持続的な指導を行っています。また、Mini-Cex(簡易版臨床能力評価表)という臨床技能の評価方法を用いてプリセプターが新人療法士を評価し、到達状況に合わせて新人教育計画を進めていきます。

【実際の指導場面】

実際の指導場面1

実際の指導場面2

簡易版臨床能力評価表Mini-CEX

評価項目・基準
情報収集
  • 現病歴で聞くべきことを聞いている(症状の部位、性状、程度、経過、状況、
  • 増悪寛解因子、随伴症状、症状に対する患者の対応等)
  • 必要に応じ、他に聞くべき項目を聞いている(生活状況、家族状況、嗜好等)
評価
  • 病態、障害に応じて評価すべき項目をチェックしている
  • 信頼性・再現性の高い検査測定を実施している
  • 患者さんに適切な説明を行い、評価中の不快感や遠慮に配慮している
コミュニケーション能力
  • 患者さんが話しやすい雰囲気を作っている
  • 表情や姿勢など非言語的コミュニケーションで不快感を与えていない
  • 患者さんの解釈モデルや心理社会面の情報も引き出している
  • 患者さんの理解度を確認している
臨床診断・治療の組み立て
  • 適切に病態を解釈し、治療プログラムを立案している
  • 優先度の高い治療を選択している
  • ニードやデマンド、EBMと患者の思考(NBM)の両面を考慮して治療選択している
プロフェッショナルリズム
  • 患者さんに対し敬意、思いやり、共感を示し信頼関係を形成している
  • 患者さんの不快感、遠慮、守秘義務、個人情報に注意を払っている
  • 自分にできないことは適切にスタッフに相談・依頼している
治療技術・基本動作介助技術
  • 効果の高い適切な手法で診療行為(運動療法等)を実施している
  • 患者さん及び介助者にとって安全・安楽な介助行為を実施している
総合
  • 一連の介入を無駄が少なく迅速に行えている
  • 評価者(プリセプター)がいなくてもこの患者さんを一人で介入できる

新人教育時間軸マニュアル(入職~1年間)

教育体制:管理職、メインプリセプター、サブプリセプター
  内容
4月

教育:オリエンテーション(特に社会人としてや、倫理的な事で集中3日間)
・管理業務(電子カルテや間接業務等)
・セラピスト教育
合わせて1日3~4h

見学:間接業務や治療の流れを現場で学ぶ。 1日2~3h

【新人の1日の日程例】
9:00~10:00 電子カルテの使い方(管理職)
10:00~12:00 先輩セラピストの見学
13:00~15:00 OPE見学(THA)
15:00~16:30 新人教育:関節可動域練習についての座学(担当PTより)
16:30~17:00 プリセプターとのフィードバック

5月

教育:セラピスト教育 1日2~3h

見学:4月と同様

担当:~4人までで、リハビリの治療の概念や技術等を一緒に指導。(一緒に担当している患者さんの入院から退院まで一通りは行うようにする) 1日3~4h

【新人の1日の日程例】
9:00~10:00 プリセプターと一緒に患者介入
10:00~10:30 フィードバック、カルテ記載
11:00~12:00 先輩セラピストの見学
13:00~14:00 新人教育:床上動作練習(担当OTより)
14:00~15:00 プリセプターと一緒に患者介入
15:00~15:30 フィードバック、カルテ記載
15:30~16:30 新人教育:VF検査見学(担当STより)
16:30~17:00 プリセプターとのフィードバック

6月

教育:セラピスト教育 1日1~2h

担当:新規の患者さんについて、担当可能であれば評価して1人介入を行う。(屋外歩行は禁止し、その他は評価表にて決定する。間接業務は一緒に)

見学:代診出来る様にしていく。

【新人の1日の日程例】
9:00~10:00 プリセプターと一緒に患者介入(CEX評価)
10:00~10:30 フィードバック、カルテ記載
11:00~12:00 先輩セラピストの見学(次回代診を行うための評価)+フィードバック
13:00~14:00 一般病棟整形カンファレンス
14:00~15:00 一人で担当患者介入
16:00~16:30 プリセプターとのフィードバック
16:30~17:00 院内勉強会:リスク管理について

7月~9月

教育:セラピスト教育 適時行う

担当:1日5人まで行わせる。(担当~4+代診~2)
7月からは、新人が自分で予定表を組んでバイザーに報告する。バイザーはその日の事のFBを必ず行う。

【新人の1日の日程例】
9:00~9:40 一人で担当患者介入
10:00~10:40 一人で代診患者介入
11:00~12:00 先輩セラピストの見学
13:00~14:00 退院前訪問見学(担当セラピストに付いていく)
14:00~15:00 先輩セラピストの見学(次回代診を行うための評価)+フィードバック
15:00~16:00 プリセプターと一緒に患者介入
16:40~17:00 プリセプターとのフィードバック

10月~12月

教育:セラピスト教育 適時行う
ハイリスクな患者さんのリハビリを一緒に行い経験を積ませる。

担当:1日5人まで行わせる。(担当~4+代診~2)
担当患者の間接業務に関しては、報告を受ける形にしていく。
患者のリスクにもよるが、屋外歩行を可能にしていく。(ただし、それまでにリスク管理について学ばせる)バイザーはその日の事のFBを必ず行う)

【新人の1日の日程例】
9:00~9:40 一人で担当患者介入
10:00~10:40 新人教育:外来患者対応(初回でプリセプターと一緒に実施)
11:00~12:00 先輩セラピストの見学(ハイリスクの患者さんを一緒に対応)
13:00~14:00 一人で担当患者介入
14:00~14:40 担当患者の家族面談(プリセプター同伴)
15:00~16:00 一人で担当患者介入
16:00~16:40 一人で代診患者介入
16:40~17:00 プリセプターとのフィードバック

1月~3月

教育:セラピスト教育 適時行う
ハイリスクな患者さんのリハビリを一緒に行い経験を積ませる。

担当:1日6人まで行わせる。(担当~4+代診~2)
バイザーはその日の事のFBを必ず行う。

【新人の1日の日程例】
9:00~9:40 一人で担当患者介入
9:40~10:20 一人で代診患者介入
10:20~11:00 一人で代診患者介入
11:00~11:40 一人で担当患者介入
12:45~13:15 触診勉強会
13:20~14:00 一人で担当患者介入 
14:00~15:00 先輩セラピストの見学(ハイリスクの患者さんを一緒に対応)
15:00~15:40 一人で担当患者介入
15:40~16:30 間接業務
16:40~17:00 プリセプターとのフィードバック

新人教育項目

項目 内容
関節可動域練習➀ 座学にて関節可動域練習の意味を学ぶ
関節可動域練習➁ 実技
筋力増強練習➀ 座学にて筋力増強練習の意味を学ぶ
筋力増強練習➁ 実技
神経筋再教育 座学にて神経筋再教育を学ぶ
姿勢分析➀ 臥位姿勢での見方、評価について学ぶ
姿勢分析➁ 座位・立位姿勢について学ぶ
動作分析➀ 臥位~座位への移行の動作について学ぶ
動作分析➁ 座位~立位への移行の動作について学ぶ
歩行分析 歩行について学ぶ
物理療法➀ 物理療法について学ぶ
物理療法➁ 実技
実技講習➀ ハンドリング・タッチについて学ぶ
実技講習➁ 触り方、感じ方、動かし方について学ぶ
BI BIについて学ぶ
FIM FIMについて学ぶ
床上動作練習 床上動作について学ぶ
トランスファー➀ 座学でトランスファーの基礎を学ぶ
トランスファー➁ 実技
日常生活動作練習➀ 座学にて日常生活動作練習を学ぶ
日常生活動作練習➁ 実際に道具を触り体験する
住宅改修・環境設定・退院前訪問 座学にて住宅改修・環境設定・退院前訪問を学ぶ
褥瘡とポジショニング 座学・実技にて褥瘡とポジショニングを学ぶ
生化学検査 座学にて検査値の意味・見方を学ぶ
脳画像➀ 座学にて脳画像を学ぶ
脳画像➁ 症例と照らし合わせて実際を学ぶ
VF・VE検査➀ 座学にてVF・VF検査を学ぶ
VF・VE検査➁ 実際の評価を見学する
高次脳機能障害➀ 座学にて高次脳機能障害を学ぶ
高次脳機能障害➁ 症例と照らし合わせて実際を学ぶ
失語症との関わり方 座学にて失語症について学ぶ
食事介入について 実際の現場における食事介入について学ぶ
項目 内容
食事形態とろみについて 当院における食事形態やとろみについて学ぶ
失語症と構音障害の違い 失語症と構音障害の違いについて学ぶ
リハビリ中でよくみられる高次脳機能障害 実際の臨床における高次脳機能障害について学ぶ
評価実習➀ 必要な評価を検討し正しく行うことができるか確認
評価実習➁ 必要な評価を検討し正しく行うことができるか確認
リハビリ栄養について 座学にてリハビリ栄養について学ぶ
装具について 装具作製についてや実際の装具の使い方を学ぶ
介護保険について 座学にて介護保険について学ぶ
危険予知トレーニング 座学にて実際に考えられる仕事中の危険を学ぶ
リハビリにおけるリスク管理 座学にてリハビリを行う際に必要なリスク管理を学ぶ
レントゲン画像の見方① 整形疾患におけるレントゲン画像の見方を学ぶ(股関節)
レントゲン画像の見方② 整形疾患におけるレントゲン画像の見方を学ぶ(膝関節)
レントゲン画像の見方③ 整形疾患におけるレントゲン画像の見方を学ぶ(脊柱)
疾患別パスについて 当院におけるパスを学ぶ
触診 触診技術の向上を図る(週2回)
松葉杖指導 松葉杖について学び、また指導できるようにする
三角巾指導 三角巾を使用できる、指導できる

ページの先頭に戻る